グリーンネイルはニゾラールで予防できるのか?

ネイルアートをする女性

そもそもグリーンネイルについて知らない人のためにまずはグリーンネイルについて説明をします。

グリーンネイルというのはネイルアートをやっている人が発症しやすいのですが、初期の状態では爪が黄色く変色して時間が経つとだんだんと緑色になっていきます。

特に痛みを感じるという事も無いので、気がついたらいつの間にかできていたという事になってしまいやすいので注意が必要です。

どうしてそのような事が起きるのかというと、ネイルアートをしてつけ爪などをしていると、爪とつけ爪の間に隙間が出来てしまい、そこに水分が入り込む事によって緑膿菌が繁殖するのに格好の環境となってしまい、その緑膿菌が増殖する事によってグリーンネイルとなります。

なお、緑膿菌の事をカビと説明している場合もありますが、緑膿菌は最近の一種であるのに対してカビは真菌であり、細菌と真菌は別物なのでカビというのは正しくは無いです。

グリーンネイルになってしまった場合は、つけ爪などを止めて爪に緑膿菌が繁殖しないように環境を整える事が大事です。

重度のグリーンネイルでなければ、それで緑膿菌が減っていき徐々に元の状態に戻りますが、皮膚科で一度きちんと診てもらった方が安心です。

予防としてはネイルアートなどを止めて爪を清潔な状態にするのが良いですが、ネイルアートをする場合はつけ爪をしてつけっぱなしで放置するような事をせずに爪とつけ爪の間に隙間が出来てしまっているのに気がついたら適切に処理をするなどし、適度に清潔な環境を作るようにする事が大切です。

なお、ニゾラールは抗真菌薬であって先ほども説明したように緑膿菌は最近であって真菌では無いために予防対策としては適していないです。