ニゾラールは家族で使える顔のニキビの治療薬

ニゾラールは、抗真菌薬として用いられており、クリームやローションに配合されています。
真菌は水虫などの原因菌として知られていますが、脂漏性皮膚炎の原因にもなっています。
ニゾラールは、皮脂によって増えた真菌の増殖を抑えることができるので、ニキビなどの治療にも効果があるわけです。

ニキビの治療に効果

真菌は通常の健康な身体にも、皮膚や粘膜などに存在しています。

それが、体調が不調になって抵抗力が落ちてくると、真菌が急激に増殖して、様々な症状を引き起こします。
代表的真菌としては、水虫や体部白癬の元になる白癬菌、カンジダ症の元になるカンジダ、そしてアスペルギルス症の元になるアスペルギルスなどです。
ニゾラールは、白癬やカンジダ、そして癜風などの真菌に対して、幅広い効果を発揮します。
また、癜風が元になる脂漏性皮膚炎の治療効果がある、唯一の抗真菌薬になっています。
ニゾラールは、イミダゾール系の抗真菌薬で、殺真菌作用があります。
それ故、効果が高く確実な抗真菌作用が期待できます。

最大の特徴は脂漏性皮膚炎の治療効果があることですが、それは原因菌であるマラセチアを排除する作用があるからです。
マラセチアは、皮脂を分解して増殖するので、その際に出る産物が脂漏性皮膚炎を引き起こすわけです。
ニゾラールは塗り薬になっており、大きな副作用がないので、安心して使うことができます。
また、皮膚の表面の角質部分にのみ作用するので、皮膚から真皮以下に浸透する心配もありません。
そして、角質層に長く留まるので、一日一回の塗布で十分効果を発揮します。

顔のニキビの原因は、多くがアクネ菌によるものですが、ニキビ用の化粧品でも改善できない場合は、ニゾラールを試してみると良いと言えます。
その際には、家族に相談した上で、皮膚科を受診して医師から適切な診断を受けることが大事です。