ボレークリームを使ってみよう!効果があるかも!?

水虫に悩む男女

男性も女性も、日本人の多くが水虫で悩んでいます。
水虫は、真菌の中の白癬菌が皮膚に感染したものです。
水虫を防ぐには、汗をかいたら丁寧に洗ってぬるま湯で流し、その後しっかりと乾燥させます。
水虫の治療薬は、数多く販売されていますが、有名な外用薬がボレークリームとニゾラールクリームです。

ボレークリームの有効成分はブテナフィンです。
ブテナフィンは、ベンジルアミン系の抗真菌薬で、白癬菌に対して強力な抗真菌活性を見せます。
ブテナフィン は、クリームタイプ、ローションタイプ、スプレータイプがあり、症状や感染した場所などを考慮して使い分けます。
1ヶ月以上ボレークリームを使って症状が改善しない時は、医師に相談した方が安心です。
ボレークリームを使って痒みやかぶれの症状が出た場合は、すぐに医師の診断を受ける必要があります。

ニゾラールは、副作用が少ないイミダゾール系の治療薬で、優れた抗真菌作用があります。
ニゾラールクリームは、脂漏性皮膚炎を治す時にもよく使われます。
水虫は、かゆみなど初期の症状が現れた時に、すぐ病院へ行って治療を受ければ早く治すことも可能です。
ニゾラールクリームを傷のある部分に使う時は、注意が必要です。
ニゾラールクリームを塗っても、角質層が厚い部分だと治るのに1年以上かかることもあります。

水虫の場合、外用薬を塗る時は広めに塗るようにします。
外用薬による治療を行いつつ患部を清潔にして乾燥させておけば、徐々に症状が改善していきます。
ただ、爪水虫や角質が厚くなっている部分は、他の部分の水虫と比べて治療期間が長くなることが多いです。
定期的に医師の診断を受け、適切な治療を継続することが大事です。
治ったように見えても、顕微鏡でチェックすると白癬菌が死滅していないケースもあるので、必ず医師に診てもらうようにします。