水虫改善に靴選びや食べ物が大切!治療薬の検討も!

野菜

水虫とはカビの1種である白癬菌が皮膚の角質層に入り込むことで引き起こされる皮膚疾患です。
白癬菌自体は手や体など様々な部位に感染しますが約9割は足に感染することで水虫が発症します。
なぜ足にだけ白癬菌が集中して感染するかと言うと、その理由は足が常に高温多湿の状況下に置かれているためです。
足は常に靴に覆われて汗をかきやすいパーツのため、水虫の原因になる白癬菌が育ちやすい環境を作ってしまいます。
特に最近では冬場ブーツの影響や1日中靴を履いて過ごす働く女性も増えているため、男性に限らず女性も水虫に悩まされる傾向にあるようです。
水虫を根本的に改善させるにはやはり効果的な治療薬を使用することが最も効率的と言えます。

ニゾラール系の治療薬は有効成分にケトコナゾールを配合した抗真菌薬として知られています。
ニゾラール系治療薬には水虫の原因である白癬菌を繁殖を防ぎ真菌細胞を破滅させるという、強力な抗真菌作用があります。
そのため白癬菌の繁殖や活動を抑制して、水虫の症状を緩和するという薬効効果があります。
ニゾラール系治療薬1日1回患部に塗布すれば、長時間にわたって皮膚の角質層に作用するのが特徴です。
そのため足の患部に1日1回適量塗布することで劇的な症状改善の効果を得られるのが魅力的です。

また水虫の発生や症状の悪化は日々のライフスタイルも大きく関係しています。
普段よく履く靴を選ぶ際には、出来るだけ蒸れにくい通気性に配慮したタイプを選ぶことが肝心です。
また患部は常に清潔を心がけて食生活にも気を配ることが大切です。
皮膚の免疫力を高めるビタミンAや殺菌作用のあるビタミンCなど、水虫に良い食材を積極的に摂ることでより良い改善効果が見込めると言えそうです。