白癬の投薬治療に使うニゾラールとクリアネイルの違い

白癬菌に感染した足

水虫としてよく知られている感染症は白癬菌と呼ばれる真菌に対する感染が原因となって起こります。
真菌は人の細胞とは異なる性質を持っているため、その違いに対してうまく働きかけることで副作用の少ない治療薬が開発されてきました。
ニゾラールは比較的初期から用いられている抗真菌薬であり、外用薬として頻繁に用いられています。
外用薬として抗真菌薬を使用すると効果が局所に限られるために副作用のリスクも低いため、真菌感染症に対する投薬治療ではまず始めに考慮されるのが現状です。
ニゾラールは真菌感染症に対して高い効果を示すものの、白癬の治療においては足白癬、体部白癬、股部白癬に対してしか適応がありません。
これは外用薬として直接塗布できる部分にしか効果がないからです。

しかし、実際には爪白癬のように爪の下で白癬菌が増えてしまう病気も頻発しています。
それに対して投薬治療が可能なのがクリアネイルの特徴です。
クリアネイルは爪の上から塗布することで爪白癬に対して治療効果を発揮します。
クリアネイルは爪を浸透して患部にまで到達する性質を有しているからであり、局所で効かせられる爪白癬の治療薬として注目されているものです。
ニゾラールにはできない治療を実現する点でクリアネイルの地位が確立されています。
爪白癬に対しては内服薬もありますが、内服での投薬治療を行うと全身での副作用が無視できなかったり、薬物代謝のために肝臓に負担がかかったりするリスクがあります。
その問題を解決して、ニゾラールと同様に気軽に使用できる真菌治療薬として台頭してきたのがクリアネイルであり、爪白癬に悩まされている人にとって魅力的な治療薬となっているのが現状です。