脂漏性皮膚炎を予防するために毎日の洗濯で清潔に!

洗濯物

脂漏性皮膚炎と聞くと、皮脂が原因で炎症を起こした皮膚トラブルと想像できるはずですが、その原因の多くがカビの一種である真菌です。
真菌が招く皮膚トラブルとして有名なのは水虫やいんきんたむしが代表的な症状です。
それと同じ症状を起こすのが脂漏性皮膚炎になります。
さまざまな場所に皮膚炎として症状が出てきますが、顕著に表れるのは頭皮です。良く頭皮湿疹、もしくは頭皮ニキビなどと言われることがありますが、実は脂漏性皮膚炎であり、真菌がもたらしている症状の可能性もあります。

頭皮ニキビとして扱い、頭皮を意識して洗髪をしたり、ニキビ薬を使って治療を試みるけれど、なかなか症状が改善しない場合は、脂漏性皮膚炎が考えられます。
その場合ほかの治療法を模索しなければなりません。
そこでおすすめなのがニゾラールです。
この医薬品は水虫やいんきんたむしでも使われることが多く、効果もてきめんです。
真菌の殺菌力がとても強く、よく使われています。
ただし強い医薬品ゆえに皮膚トラブルも起こりやすく、特に頭皮に塗布する場合は注意をしなければなりません。
そこで活用してほしいのが、ニゾラールが配合されたシャンプーです。

強い成分になりますので、1週間に数回程度を使って、少しずつ使用する間隔を延ばしていく使い方が推奨されます。
真菌の活動を抑えてくれますので、効果的な治療になるでしょう。
また洗濯も効果を示します。
特に頭皮とよく接触することになる枕は1週間に一回ほど陽に干したり、枕カバーは洗うようにしましょう。
真菌と接触を避けるようにしてください。
また真菌は皮脂を好物としてますので、体質の変化を試みるのも効果的です。
肉類を避けて野菜中心の食生活を試みるだけでも効果があります。