ニゾラールクリームの効果は?

ニゾラールクリーム

抗真菌剤になりますので、水虫や真菌によって引き起こされる脂漏性皮膚炎に効果があります。
カビの一種である真菌は目に見えている部分だけではなく、その角質層や周囲まで及んでいることが多いですので、ニゾラールクリームは広範囲に使うことがおすすめです。
症状が出ている場所だけに塗布しがちですが、広くそして塗りこむようにしましょう。
また症状が治まったとしても、そこでやめないようにしましょう。
意外にしぶといのが真菌であり、ただ活動を控えているだけであり、また体調の変化によってぶり返すことが多いです。
だからこそ症状が治まったとしても、ニゾラールクリームを使い続けることが大切です。

最近は頭皮湿疹にも使われるようになりました。
頭皮のできものと頭皮ニキビなどと呼ぶこともありますが、ニキビの原因であるアクネ菌ではなく、カビの一種である真菌が原因の場合、ニゾラールが効果を出します。
普通の湿疹として治療を続けていたけれど、なかなか効果を見せないような場合は、真菌の可能性が高くなりますので、そのときこそがニゾラールの出番です。
かゆみをさえて症状を緩和してくれるでしょう。

真菌が原因となる水虫はジメジメとした場所で発症することが多く、比較的乾燥帯である頭皮にできることであまり想像できない人も多いです。
頭皮湿疹の場合、皮脂が原因で引き越すことが多いです。
特に頭皮に汗をかきやすい人や、肌がオイリーな人は要注意です。
そのような体質で頭皮に湿疹ができやすい場合は、真菌が関与している可能性が高いです。
すぐには治ることが少なく、また繰り返すのも特徴ですので、できたらすぐに対処できるようにニゾラールクリームを用意しておくことをおすすめします。

またラミシールという薬の効果も高いです。
ラミシールは確実な効果が出る上、副作用が少ないというメリットがあります。
錠剤タイプやクリームタイプなどがあるので自分の症状(患部)にあったものを選びましょう。

注意すべきニゾラールクリームの副作用

脂漏性皮膚炎などの症状に用いられているニゾラール。
いわゆる抗真菌薬で、肌に存在する真菌を殺菌する効果があります。
脂漏性皮膚炎の原因菌や足白癬にはニゾラールが有効なことから水虫の治療薬としても広く利用されています。
ニゾラールは塗り薬で、クリームタイプと液体タイプ、さらにスプレータイプのものも販売されています。
ですから皮膚炎の起きている部位に合わせて使い分けることも可能です。
ただしステロイド剤のような強い薬ではありませんので、完治させるまでには時間がかかります。
長期間にわたって根気よく薬を塗り続けていくことが必要です。

とはいえ水虫の治療に使う場合は一日一回、脂漏性皮膚炎の治療に使う場合でも一日二回塗るだけですので、それほど負担は大きくないでしょう。
真菌に対する殺菌作用が強いニゾラールですが、副作用がないわけではありません。
もちろん塗り薬ですので基本的には大きな副作用はありませんが、まれに肌荒れがひどくなる場合もありますので、敏感肌の人は特に注意したほうがいいでしょう。
肌荒れ以外の副作用としては、薬を塗った際にヒリヒリとした刺激を感じたり、皮膚のかゆみやかぶれといった症状が出ることもあります。
副作用による肌荒れ 赤みやかゆみ、かぶれなどがひどい場合は、別の薬に変えたほうがいい可能性がありますので、早めに医師に相談するといいでしょう。
なお最近は医療機関にわざわざ行かなくても、インターネットから簡単にニゾラールを購入することができます。
薬の通販サイトや個人輸入代行サイトなどがインターネット上に多数存在しますので、それらを利用してもいいでしょう。
ただしなかには悪質な業者がいることも報告されていますので、信頼できる業者選びが重要になります。

ニゾラールは色々な用途がある

水虫の足

基本はカビである真菌を殺菌するための医薬品がニゾラールになります。
主に塗り薬として使われることが多く、水虫やいんきんたむしなどの症状で病院に行けばニゾラールが処方されることも多いです。
真菌を退治してしまえば症状が治まりますが、地道に続ける治療になりますので、医師と相談しながら使い続けることが求められます。
基本は塗り薬として良く知られていますが、他にも用途があります。
服用するタイプのニゾラールもあります。
しかしこの場合、あまり使われることは少なく、重度の症状の時に錠剤が処方されます。
よって水虫やいんきんたむしの症状で病院にいっても、処方されるケースは少ないはずです。
炎症を抑える医薬品として錠剤が出ることはありますが、服用タイプのニゾラールが出ることありません。
ただ個人輸入であれば購入することができますが、服用タイプの医薬品は調整がとても難しいです。
自己判断での服用はお勧めできませんので、塗るタイプを使うようにしましょう。

他にもシャンプーに含まれているニゾラールもあります。
この医薬品を使う場合は、主に脂漏性皮膚炎の時に活用される医薬品です。
これも水虫の症状と同じで真菌が悪さをして炎症を引き起こします。
頭皮ニキビのように扱われることがありますが、真菌の影響によって引き起こされた脂漏性皮膚炎の可能性もあります。
頭皮ニキビがなかなか治らないときは、こちらを疑うようにしましょう。

ニキビや水虫の治療にクリームを使うタイプのニゾラールもあります。
それで対処することができますが、真菌をやっつけなければまたぶり返してしまいます。
だからこそシャンプーで退治することが効果的です。
真菌は皮脂を好物であり、繁殖もそのような場所では優れています。
シャンプーだけではなく、体質の改善も求められる治療になります。

おすすめ記事はこちら